アレイダ最古の国家『エリノス=ブレドム連邦王国』

ワールドシナリオの主舞台の一つです。

ここでは他から独立した、内乱シナリオが展開します。

エリノス=ブレドム連合王国(以下ブレドム王国)は、

アレイダ最古の王政国家にして、アレイダ最大の国家でもあります。

民選議会も設立され、昔から貿易などで栄えてきました。

 

ですが作中現在から4年前、軍内の極右勢力が政権を握り、周辺に勢力を拡張しました。

しかし無理な勢力の拡張と、代々伝わる王権を軽んじたことにより、軍内部でクーデターが発生しました。

 

その結果、国内は三つの派閥に分かれて、

散発的な内戦を繰り広げています。

​さらにはアレイダに隣接する軍事超大国『ライアー帝国』の干渉も受けており、国内は策謀の戦場となっております。

アレイダ_宙域マップ_エリノス.jpg
ブレドム王国人の生活

ブレドム王国は、かつて地球に存在した『インド』という国の流れを汲む国です。

国民の70%はインド系であり、文化・風土・民族性もそれに準ずるものとなっています。

国内には3つの太陽系があり、それぞれの星は緑豊かで、食料生産力にも優れています。

​ですが近年はテロが多発し、国民の安全は脅かされています。

国内派閥①『憂国士官会派』

軍閥から発展した、極右勢力です。

周辺諸国を武力で従える「大ブレドム主義」を提唱し、ブレドムの軍国化を進めてきました。

​軍人系のクラスは歓迎されます。また軍事的に有用であるなら、アバターの種別は問いません。

国内派閥②『貴族派』

古くからブレドム王国を治めていた、貴族たちの率いる派閥です。

元が列侯会議閥の領邦貴族を中心とした勢力のため、ポリティシャンやフィクサーなどと言った、

政治系クラスが強い権力を握りやすいです。軍人系クラスはその次に強い権力を持ちます。

​保守的であるため、ミュータント・サイバネティクス・サイキックは冷遇されます。

国内派閥③『ブレドム連合派』

共産主義勢力『平等党』の流れを汲む派閥です。

統制経済を敷いているため、商人系の地位は絶望的に低いです。

しかし闇経済が活発なため、犯罪系やフィクサーなどのクラスは実入りが良く、前途が開けやすいでしょう。

平等党の基本理念に基づき、いかなるアバターも平等に扱われます。