辺境の入口『スコルーガ』

アレイダの入口に位置する、宇宙都市国家です。

事前シナリオ及びサイバーパンクシナリオ等の舞台です。

大戦前から貿易で栄えており、

様々な技術が流入してくる事によって、

科学技術が辺境随一のレベルまで発展しました。

とりわけコンピューター開発と医療の技術は高く、

他の通髄を許しません。

しかし繁栄に見合うほどに、犯罪も盛んです。

この星はアレイダ最大のマフィア連合、

『ペンタクラン・ファミリー』の本拠地でもあります。

ペンタクランはスコルーガの支配者であり、

その巨大な闇の勢力は、アレイダ全域にまで及びます

マフィアが統治する、漆黒の技術大国。

それがスコルーガです。

アレイダ_宙域マップ_スコルーガ.jpg
スコルーガの宇宙ステーション

スコルーガの周辺には、多数の宇宙ステーションがあります。

それらは宇宙船が立ち寄る軌道港であり、多くの人々が行き交います。

宇宙の旅人たちは、ここからそれぞれの惑星や国に向かっていきます。

事前シナリオの一つは、この宇宙ステーションを舞台に展開しました。

スコルーガの技術

スコルーガはアレイダで、最も高い科学技術を持っています。

特にコンピューター開発と医療に関しては、周辺大国並みか、それ以上のレベルです。

ですが一方で、電脳犯罪・違法電子機器製造・違法サイバネ手術のメッカでもあります。

その土壌から、優れたハッカーやサイバネティクスが生まれ、各国で活躍しています。

スコルーガの治安

スコルーガはマフィアによって統治されていますが、彼らは自国の民衆に対しては、さほど悪事を働きません。

マフィアたちが狙うのはもっぱら他国であり、自国民に対しては、良き統治者として振舞っています。

そのため国内は治安が良く、住民の生活レベル・教育水準も高いです。

​その環境で育まれた、優秀な人材の一部がマフィアとなり、自国にさらなる恵みをもたらしていきます。

スコルーガの歴史

かつてのスコルーガは、マフィア国家ではありませんでした。ペンタクランも表向きは、まっとうな財閥連合でした。

しかし内部には問題が多く、優れた科学技術を持つ一方で犯罪が蔓延する、歪んだ国でした。

 

その流れの中でペンタクランも変容し、国内外の犯罪組織を併合して、マフィア組織として先鋭化。

新生『ペンタクラン・ファミリー』として、矛盾に満ちた国内を、力で統治することにしました。

以後、犯罪者たちはペンタクラン・ファミリーによって組織化され、自国で悪事を働くことは少なくなりました。

スコルーガの民衆にとってはありがたいですが、アレイダ全体にとっては、それが良いこととは断言できません。