辺境の入口『スコルーガ』

アレイダの入口に位置する、宇宙都市国家です。

事前シナリオ及びサイバーパンクシナリオ等の舞台です。

大戦前から貿易で栄えており、様々な技術が流入してくる事により、科学技術が辺境随一のレベルまで発展しました。

とりわけコンピューター開発と医療の技術は高く、

他の通髄を許しません。

しかし繁栄に見合うほどに、犯罪も盛んです。

国内にはマフィアやならず者が多く、

様々に暗躍していると噂されています。

ですが詳細については、現時点では不明です。

ストーリーの進行と共に、明かされていくと思われます。

アレイダ_宙域マップ_スコルーガ.jpg
スコルーガの宇宙ステーション

スコルーガの周辺には、多数の宇宙ステーションがあります。

それらは宇宙船が立ち寄る軌道港であり、多くの人々が行き交います。

宇宙の旅人たちは、ここからそれぞれの惑星や国に向かっていきます。

事前シナリオの一つは、この宇宙ステーションを舞台に展開します。

スコルーガの技術

スコルーガはアレイダで、最も高い科学技術を持っています。

特にコンピューター開発と医療に関しては、周辺大国並みか、それ以上のレベルです。

ですが一方で、電脳犯罪・違法電子機器製造・違法サイバネ手術のメッカでもあります。

その土壌から、優れたハッカーや機甲士(サイバネティクス)が生まれ、各国で活躍しています。

スコルーガの治安

スコルーガの治安は、『全体的に見ると良い』とされています。

少なくとも旅人が立ち寄る宇宙ステーションなどでは、国が抱える闇の部分は、

あまり見えないようになっている模様です。

対外的にはハイテクによって整備された、美しく先進的な国に見えることでしょう。

スコルーガの支配者『ペンタクラン』

ペンタクランとは、スコルーガの支配者層連合です。

​リン家・コーディ家・ジボアール家・マーシュ家・クー家という5つの氏族が、

スコルーガの政治と経済を牛耳っていました。

ですが作中年代から36年前、ペンタクラン解体の動きが起き、その勢力は大きく削がれました。

​それから歳月が過ぎた現在、ペンタクランがどうなったのかは、今のところ不明です。